北海道立近代美術館

Exhibition

コンテンツ一覧

【特別展】御大典記念 特別展 よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―

正倉院に納められた数々の宝物。その魅力を多くの人に伝え、卓越した技術を伝承するため、当初の姿を再現する模造製作が、明治時代より行われてきました。人間国宝らによる技と最新の科学的調査により再現された逸品を展覧します。
2021.09.15(水) - 2021.11.07(日)

概要

  正倉院宝物とは、奈良・東大寺の倉であった正倉院正倉に伝えられた約9000件に及ぶ品々です。その多くが奈良時代の作で、聖武天皇ゆかりの品をはじめ、調度品、楽器、遊戯具、武器・武具、文房具、仏具、文書、染織品など多彩な分野にわたります。中には、西域や唐からもたらされた国際色豊かな品々も含まれるなど、天平文化華やかなりし当時の東西交流もうかがい知ることができます。
 しかし、約1300年を経て今日にいたる正倉院宝物は、きわめて脆弱であるため、毎年秋に奈良で開催される「正倉院展」で一部が展覧される以外はほとんど公開されてきませんでした。明治時代に宝物の修理と一体の事業として始められた模造製作は、昭和47年(1972)から宮内庁正倉院事務所によって、宝物の材料や技法、構造の忠実な再現に重点をおいて本格的におこなわれるようになります。以来、人間国宝ら伝統技術保持者の熟練の技と最新の調査・研究成果との融合により、優れた作品が数多く生み出されてきました。これらは単なる模造ではなく、究極の伝統工芸品であると言えます。
 本展は、天皇陛下の御即位をはじめとする皇室の御慶事を記念し、これまでに製作された数百点におよぶ再現模造作品のなかから、選りすぐりの逸品を一堂に集めて公開するものです。再現された天平の美と技に触れていただくとともに、日本の伝統技術を継承することの意義も感じていただけることと思います。

主催

宮内庁正倉院事務所、北海道立近代美術館、北海道新聞社、朝日新聞社、NHK札幌拠点放送局

関連リンク

観覧料

一般 1,600(1,400)円、高大生 800(600)円、中学生 600(400)円、小学生以下無料(要保護者同伴)

※( )内は以下の割引料金です。
・前売料金
・10名以上の団体料金
・リピーター割引料金(当館または他の道立美術館で開催した特別展の観覧半券をご提示の場合。1枚につきお一人様1回限り有効。有効期限は半券に記載。)

無料になる方
小学生以下(要保護者同伴)、身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方(ミライロID利用可)及びその介護者(1名)など。

作品紹介

展覧会で展示される作品の一部をご紹介します。
クリックで詳細を閲覧できます。