北海道立近代美術館

Educational programs
コンテンツ一覧

小学校・中学校・高等学校・特別支援学校

「キンビ」が学校のお役に立ちます!

教育目的の利用では、展覧会の観覧料が免除になる場合があります。

こんなときにご利用ください。

調べ学習や自主研修で、美術館について調べたい・学びたい

美術館について調べたい

【要予約】
修学旅行や宿泊学習などでのグループ学習や自主研修、調べ学習などにお役立てください。
当館スタッフがコレクションや展覧会、美術館活動に関する質問に答えます。

●お問合せ先
TEL:011-644-6882

図書資料等で美術や美術館に関する情報を得たい

美術情報コーナー(ARS)では、当館や道立美術館で開催された展覧会図録、芸術に関する図書、映像資料などを閲覧できます。
※座席数に限りがあるため、5名以上でご利用の場合は、事前にご相談ください。

図工、美術の鑑賞授業で、展覧会を鑑賞したい

展覧会を団体で観覧したい

【要予約】
●近美コレクション
当館の所蔵品を紹介する展覧会「近美コレクション」は、年間を通じて中学生以下観覧無料。
高校生は毎週土曜日、子どもの日、文化の日ならびに学校での教育活動で利用する場合は観覧無料です。(引率の先生を含む)

●特別展
10名以上で団体扱い(割引料金)となります。
※各特別展の観覧料については、お問い合わせください。

●お申し込み
団体観覧申込書(学校用)をFaxでお送りください。
Fax:011-644-6885

ギャラリー・ツアー、ミュージアム・トークに参加したい

当館の所蔵品を紹介する「近美コレクション」で、毎日3回、当館ボランティアによるギャラリー・ツアー(展示解説)を開催しています(日曜、祝日は除く)。
また、学芸員によるミュージアム・トーク(展示室講話)を随時開催しています。
どちらも申込不要で、当日ご参加いただけます。時間や内容等の詳細については、お問い合わせください。

※ギャラリー・ツアー、ミュージアム・トークについては下記リンクのとおりです。 

キャリア学習や職場体験学習で、美術館の仕事を体験したい

美術館の仕事を体験したい

【要予約】
当館の様々な業務を体験することにより、美術館の活動や仕事に関する理解を深めることができます。プログラムについては、ご相談ください。
※中学生以上対象、一日定員8名程度

●お問合せ先
TEL:011-644-6882

出張アート教室

【事前応募制事業】
当館の学芸員が所蔵品を学校に持参し、実物ならではの魅力と作品の見方や楽しみ方をお伝えします。
例年6月頃に各教育局から募集の案内が通知されます。

●お問合せ先
北海道教育委員会生涯学習推進局文化財博物館課
(代)TEL:011-231-4111

鑑賞学習支援ツール

鑑賞学習支援ツールとは

道立美術館の所蔵品を活用した、美術鑑賞教材です。
貸出は無料。学校以外の団体も利用できます。

アートカード

北海道立美術館・芸術館の所蔵品64点をはがきサイズのカードにしました。
カードを選んだり、集めたり、比べるなど、ゲームのようにカードを使って、鑑賞教育の要素である「観る」「感じる」「考える」「伝える」能力の向上を図ることができます。

美術の授業のツールとしてはもちろん、ご来館の事前学習にもお役立てください。

《道産子追憶之巻》複製シート

北海道江部乙(現・滝川市)に生まれ、壮大なスケールで自然や自然現象を描き、日本画壇で高い評価を得た岩橋英遠。
その画業の集大成ともいえるのが、北海道の四季を絵巻形式で描いた《道産子追憶之巻》(北海道立近代美術館所蔵)です。全長29メートルの作品を、2/3スケールで32枚のシートに複製しました。
北海道の自然と人の暮らしについて考えたり、四季をヒントにシートを順番につなげてみるなど、さまざまなご利用が可能です。
実物の1/2サイズの巻子もあります。

支援ツール貸出について

貸出内容

アートカード

1箱64枚×8箱で1セット
【活用ガイド】と【作家・作品解説】を同梱

《道産子追憶之巻》複製シート

1組32シート (1シートのサイズ 縦40✕横60cm)。連結で約20m(実物の約2/3) ※1館につき1組保管

《道産子追憶之巻》複製巻子

1巻、サイズ 縦32✕横1452cm(実物の約1/2) ※1館につき1巻保管

フロアスタンド

近代美術館に1セット(45本)保管

●1台座部分幅約30cm、高さ145~250cmまで調節可動
台座とスタンド部分に分割。スタンド上部のクリップで、シート・巻子の固定が可能。

●複製シートで使う場合
フロアスタンド1本にシート1枚を固定。

●巻子で使う場合
1巻につき9本使用。巻物の裏面とフロアスタンドに付いているマジックテープで固定。

貸出の流れ

1.申込

最寄りの道立美術館・芸術館に、お電話でストックの有無を確認のうえ、利用申込書をFAXでお送りください。
※申込書は下記よりダウンロードできます。

2.貸出

受取方法:来館又は宅配便で(送料はご利用者でご負担お願いします。)
期間: 原則3ヶ月以内 (3ヶ月を超える場合は、ご相談ください。)
貸出内容、申込みの詳細は、下記をご覧ください。

3.返却(授業で活用後)

借り受けた施設にご返却ください。