北海道立近代美術館

About us
コンテンツ一覧

いちいの会

北海道立函館美術館ボランティア いちいの会

いちいの会

北海道立函館美術館ボランティア「いちいの会」は、1986年(昭和61年)の開館以来、当館で活動を続けているボランティア団体です。
当会の名称は、函館市の木(「おんこ」とも言います。)に由来しており、100名前後の会員が活動しています。

当会は、喫茶部、売店部、資料整理部、広報部の4つの部など門で構成されており、各会員は決まった曜日に週1回4時間程度活動し、当館が実施する事業に多大なご協力とご支援をいただいています。また、会員の美術や美術館ボランティアに関する知識と教養の向上に努めています。

喫茶部

お客様に、鑑賞の余韻にひたりながら、美味しいコーヒー・紅茶などをゆっくり気持ちよく味わっていただけるよう、憩いの ひとときとなる落ち着いた雰囲気の提供に努めています。
また、特別展の開催にあわせた「オリジナルスイーツ」を提供するなどして、お客様にとって思い出に残る滞在となるよう、工夫しています。

カフェの詳細はこちら

売店部

当館オリジナルのポストカードや一筆箋などのほか、展覧会にあわせたオリジナルグッズや図録なども販売しております。
ご来館の記念に、ぜひご利用ください。

ミュージアムショップの詳細はこちら

資料整理部

図書班、新聞班、写真班に分かれ、美術に関する書籍の整理や、新聞からの関連記事の切り抜き、 所蔵品等の写真資料整理など、研究機関としての美術館の仕事を支える縁の下の力持ち的存在です。 
ロビーの図書閲覧コーナーの整理や、展覧会の開会式・各種事業の記録写真なども担当していただいています。

広報部

当館で開催する展覧会を、より多くの方に知っていただくための広報活動を担っていただいています。
ポスター・パンフレット・案内状の発送作業はもとより、部員一人一人が市内外の各種店舗に配布するなど、とても細やかに周知していただいています。
街のあちこちでポスターを見ることができるのは、広報部のおかげです。

いちいの会で活動しませんか?

皆さんも、いちいの会に入会し、函館美術館でボランティアをしてみませんか?
いちいの会では、ボランティア活動をしてみたいとお考えの方に、活動内容を詳しくご紹介する「説明会」を開催しています(希望者がいる場合、月1回第3金曜日13時30分から実施しています。)。
ご興味のある方は、まず、説明会に参加してみませんか?

新会員募集情報

随時募集中!

入会条件など
  • 函館市及び近郊にお住まいの方で、週1回、4時間の活動が可能な方
  • 募集する部
    売店部、喫茶部、資料整理部、広報部の4部門
  • ボランティア活動ですので、報酬などはありません。交通費は自己負担です。

※各部の活動のほかに、会員対象の研修会(講座)もあり、美術に関する教養を高めることができます。

お問い合わせ先

いちいの会事務局
TEL:0138-56-6311