北海道立三岸好太郎美術館

Exhibition

コンテンツ一覧

1920's-1930's 三岸好太郎が生きた時代

1920's-1930's 三岸好太郎が生きた時代…2022年9月25日まで

1923年の画壇デビューから、わずか10年あまりの間に日本の近代洋画史を彗星のごとく駆け抜けた三岸好太郎。三岸は何を見て、何に心躍らせていたのか。激動の1920~1930年代に変貌を重ねた三岸の軌跡と、同時代の国内外の画家たちの秀作を紹介します。
 
2022年7月16日(土)~9月25日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
休館日:月曜日、7/19(火)、9/20(火) *7/18、9/19の月曜は開館
一般610(500)円、高大生360(250)円、小中生250(200)円 
*( )内は前売および10名以上の団体料金。
*リピーター割引等あり(詳細はお問い合わせください)。
主催 北海道立三岸好太郎美術館

 
会期 2022.07.16(土) - 2022.09.25(日)

観覧料

一般 610(420)円、高大生 300(250)円、小中生 250(200)円
*( )は前売および10名以上の団体料金。 
* リピーター割引等あり(詳細はお問い合わせください)

展示品紹介

展覧会で展示される作品の一部をご紹介させていただきます。
クリックで詳細が閲覧できます。

同時開催 アトリエへようこそ

三岸が晩年に夢を膨らませた新アトリエの建築。しかし中途で彼は急逝し、妻・節子が苦労の末に完成まで導きました。現存するアトリエ(東京・鷺宮)と建設当時の写真とを比較しながら、こだわりの外観・内観を紹介します。