北海道立三岸好太郎美術館

Covid-19

お願い 入場時の注意事項

  • サーモグラフィーによる検温を実施し、37.5℃以上ある方については、非接触型体温計で検温させていただきます。
    また、次の方は、ご入館をお控えください。
    • 37.5℃以上の発熱があった場合
    • 喉・咽頭痛などの症状があった場合
    • 過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある場合
  • 入口や展示室受付に消毒用アルコールを設置していますので、ご利用ください。
  • マスクの着用については「マスク着用の考え方」を参照願います。
  • 咳エチケットをお守りください。
  • 他のお客様とは十分な距離(2m)を取ってご観覧ください。
  • 飛沫拡散防止のため、展示室内等での会話はできるだけお控えください。
  • 展示室内が混み合わないよう入場制限を行う場合があります。

当館での取り組み

  • 職員は、検温、マスク着用、こまめな手洗い・手指の消毒を行います。
  • 定期的な換気を実施しています(空調設備による換気・展示室出入口の開放)。
  • ドアノブ、手すり等、手の触れる頻度の高い箇所を随時消毒します。
  • 受付に飛沫防止シールドを設置しています。
  • お客様が十分な距離を保っていただけるよう、受付などに足跡表示やマーキングをしています。

「新北海道スタイル」安心宣言

三岸好太郎美術館は7つの習慣化に取り組みます。

職員のマスク着用や手洗い等に取り組みます
・手洗い、マスク、咳エチケットの励行

職員の健康管理を徹底します
・出勤前の健康チェックの徹底

施設内の換気を行います
・空調設備等を活用した換気の実施

施設の定期的な消毒、清掃を行います
・アルコール消毒剤の設置
・定期的な清掃の実施

人と人との接触機会を減らす取組を進めます
・受付などのフットプリント
・展示室等のソーシャルディスタンスの確保

来館者の皆様にも咳エチケットや手洗いをお願いします
・施設内の掲示や声かけによる注意喚起

道民の皆様方と連携し感染症に強い社会をつくります
・道民の皆様方も感染防止対策へのご協力をお願いします。

 

北海道立三岸好太郎美術館長 齊藤 和利