北海道立美術館ポータルサイト

文字サイズ
背景色

概要

北海道立三岸好太郎美術館は、1967年、札幌出身の画家・三岸好太郎(1903~34)の作品220点が遺族から北海道に寄贈されたことを契機に設立した北海道立美術館を前身として、1983年、現在の位置に新設、オープンしました。以来、三岸好太郎の芸術を顕彰するとともに、音楽会や子ども向けプログラムなどにも取り組んできました。2017年には、開館50周年を機に、公募による愛称“mima”(ミマ)を設定し、若手芸術家の展覧会企画をスタートするなど、活動の幅を広げています。

コレクション

当館では、初期作《檸檬持てる少女》(1923年)に始まり、現存する最大の油彩画《道化役者》(1932年)、前衛芸術に触発された《オーケストラ》(1933年)、幻想的なイメージの結晶《のんびり貝》(1934年)、《飛ぶ蝶》(1934年)に至るまで、三岸好太郎の生涯にわたる代表的作品を収集しています。

展覧会

三岸好太郎の代表的作品を展示する所蔵品展(年4~5回)のほか、三岸の芸術をさまざまな角度から掘り下げた企画や多彩なテーマによる特別展を開催。また、三岸の進取の精神をもとに、北海道ゆかりの若手作家を紹介するシリーズ企画「mima - no - me #みまのめ」を展開しています。

インフォメーション

アクセス

地下鉄東西線・西18丁目駅下車。4番出口から徒歩7分。
JRバスまたは中央バスのバス停「道立近代美術館」下車。徒歩3分。

開館時間

9:30-17:00(展示室への入場は16:30まで)

休館日

月曜日(月曜日が祝日または振替休日のときは開館、翌火曜日は休館)、年末年始(12.29-1.3)、展示替期間等。
休館日は変更になる場合があります。詳しくは美術館にお問い合わせください。

所在地

〒060-0002
札幌市中央区北2条西15丁目

Google MAPで見る