北海道立美術館ポータルサイト

文字サイズ
背景色

概要

北海道立函館美術館は、1986年9月に開館しました。「道南(北海道の南部)ゆかりの美術」「書と東洋美術」「文字と記号に関わる現代美術」という3つのテーマのもと、すぐれた美術作品の収集・保管・展示、多彩な展覧会や教育普及事業の開催、調査・研究等を行い、北海道の芸術文化振興の役割を担う活動を続けています。

コレクション

蠣崎波響、田辺三重松、岩船修三、橋本三郎など道南ゆかりの美術家の秀作や、松前町出身の金子鷗亭などの書と東洋美術、また文字と記号に関わる現代美術など、特色あるコレクションをめざして収集を続けています。

展覧会

特別展として、国内外の多彩な分野の美術を紹介する展覧会のほか、道南ゆかりの美術や書、文字と記号に関わる現代美術の企画も実施しています。また、常設展(ミュージアム・コレクション)として、年数回の展示替を行い、収蔵品をさまざまなテーマで紹介しています。

インフォメーション

アクセス

函館バス:「五稜郭公園入口」「芸術ホール前」「五稜郭病院前」「五稜郭」下車徒歩3~10分
市電:「五稜郭公園前」下車徒歩7分
タクシー:JR函館駅前より約10分/函館空港より約20分
駐車場:函館市芸術ホール駐車場をご利用ください。
※当館ご利用の方は、函館市芸術ホール駐車場が2時間まで無料です。

開館時間

9:30-17:00(展示室への入場は16:30まで)

休館日

月曜日(月曜日が祝日または振替休日のときは開館、翌火曜日は休館)、年末年始(12.29-1.3)、展示替期間等。
休館日は変更になる場合があります。詳しくは美術館にお問い合わせください。

所在地

〒040-0001
函館市五稜郭町37-6

Google MAPで見る